« 相場次第で投資計画を変更しないでください | メイン | 生命保険の掛け金を積み立て資金にできないか考えてみる »

銀行預金だけでは老後資金を用意できません

 現在、お金をすべて銀行預金でもっている方が多いと思います。銀行預金は、1,000万円まで元本保証で安心だからです。そのかわり、利息はわずかです。

 ただ、それなりの老後資金をつくるなら、資産運用の高い収益が必要になります。あなたがどのくらいの損失なら耐えられるかを考え、資産運用をはじめてみましょう。

  • 銀行預金だけでは老後資金を用意できません
  • 老後資金を用意するには、資産運用をおこないます
  • 「自分が耐えられる損失の範囲内」で、資産運用をはじめよう

銀行預金だけでは老後資金を用意できません

 定年から30年(60歳→90歳)、年金以外に月10万円の余裕資金がほしい場合、3,600万円必要になります。計算式は、10万円 × 12ヶ月 × 30年 = 3,600万円です。

 この3,600万円を、30歳→60歳までの30年で、銀行預金だけで貯める場合、毎月の必要積立額は10万円になります。計算式は、3,600万円 ÷ 30年 ÷ 12ヶ月 = 10万円です。なお、銀行利息は年0.001%とわずかなので、つかないものとして計算しています。このように、銀行預金だけで老後資金を用意しようとすると、毎月多くの積立金が必要になります。

 月10万円も積み立てられる人は限られるのではないでしょうか。仮に今は積み立てられていても、家族ができれば、積み立てはきつくなるはずです。


老後資金を用意するには、資産運用をおこないます

 それなりの大金を用意しようとした場合、資産運用による高い期待リターンが必要になります。株式100%なら、年4.90%の期待リターンが得られます。株式30%・日本債券70%という損失の可能性が少ない組み合わせでも、年3.57%の期待リターンが得られます。

 3,600万円を、30歳→60歳までの30年で、資産運用をおこなって貯める場合、毎月の必要積立額は4.5万円になります。この必要積立額は、期待リターン:5%で計算したものです。月4.5万円であれば用意できる方も増えるのではないでしょうか。

>>目標の積立額から、月々必要な積立額を計算してみよう

 また、取り崩しがはじまっても、運用し続けていれば、元本を減らさずに取り崩すことも可能になります。3600万円を5%の利率で運用すれば、年180万円(月15万円)の収益が上がります。そのため、月15万円までの取り崩しなら、元本を減らさずに取り崩すことができます。


「自分が耐えられる損失の範囲内」で、資産運用をはじめよう

 元本保証の銀行預金と違って、資産運用は損失がでる可能性があります。資産運用は、上下に値動きのあるものに投資するからです。

 そのため、「耐えられる以上の損失」がでないようにすることが、重要になります。そのためには、株式と日本債券の投資割合を調節します。

>>許容できるリスクに合わせて投資をするには、複数の資産を組み合わせること

 まず、あなたが耐えられる損失がどのくらいか考えてから、資産運用をはじめてください。

>>自分が耐えられる損失に合わせた投資をするのは、何よりも大切










おすすめの金融機関

カテゴリー

人気記事

Powered by
Movable Type 4.292