つみたてNISAで老後資金Top > つみたてNISAの実践 > 投資資金をつくるために無駄な支払いをへらす方法

« 積み立ての途中で疲れたら、どれだけ積立目標に近づけているか確認してみよう | メイン | 年に1回のリバランスが面倒な人のためのサービス »

投資資金をつくるために無駄な支払いをへらす方法

 投資資金を毎月つくるのは結構大変です。投資資金をつくるために、欲しいものや、やりたいことを我慢する必要があるかもしれません。

 ただ、投資資金をつくらなければ、資産を作ることはできません。投資資金をつくるために無駄な支払いをへらしましょう。

  • 投資資金を毎月つくるのは結構大変
  • 投資資金をつくらなければ、資産を作ることはできない
  • 投資資金をつくるために無駄な支払いをへらす方法

投資資金を毎月つくるのは結構大変

 投資資金を毎月つくるのは大変です。投資資金は、投資を始める前は自由に使えていたお金だからです。自由に使えていたお金が減るわけですからそれは大変です。

 投資資金をつくるために、欲しいものや、やりたいことを我慢することもあるかもしれません。このお金があればあれが買えるのに!あれができるのに!と感じることも多いかもしれません。

 ただ、投資資金をつくらなければ、資産を作ることはできません。


投資資金をつくらなければ、資産を作ることはできない

 資産を築くには、毎月の投資資金をつくることが絶対に必要です。そもそも投資資金がなければ、お金を増やすことはできません。

 今投資する余裕のない方は、まず毎月の投資資金をつくることから始めなければなりません。

 投資資金を作るために、無駄な支払いをへらしましょう。無駄な支払いをへらすためには、まず自分がどんなことにお金を使っているのか確認することが大切です。自分がどんなことにお金を使っているのか分からなければ、何が無駄か分かりません。


投資資金をつくるために無駄な支払いをへらす

 無駄な支払いをへらすには、まず、家計簿をつけます。家計簿をつける理由は、自分が何にお金を使っているのか知るためです。自分が何にお金を使っているか分からなければ、改善することはできません。

 家計簿をつけたら、あなたが多く支払っているものを確認します。多く支払っているものを確認するのは、支払いが多いものを節約すればより多くの効果が得られるからです。

 そして、自分が多く支払っているものから順番に、支払いをへらす方法はないか考えましょう。例えば、保険の支払いが最も多ければ、まず、保険の見直しや解約から考えてみましょう。

 支払いをへらす対象として、おすすめは固定費(家賃・光熱費・通信費・保険費など)です。固定費とは、銀行引き落としなどで、毎月必ずでていくお金のことです。毎月必ずでていく固定費は、一度見直しをすれば毎月そのぶんだけ節約し続けることができます。変動費(食費・交際費・娯楽費など)の節約は、毎月気を使って節約しなければなりませんので負担が大きく、途中でやめてしまう可能性が高いです。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://toshin.teiiyone.com/cat98/




Powered by
Movable Type 4.292