つみたてNISAで老後資金Top > つみたてNISAの基本 > 投資信託への投資で結果がでるには、それなりに時間がかかる

« 目標達成が遠のくため、できるだけ投資信託の税金を支払わなくても良いようにしましょう | メイン | 毎月の投資信託の注文を自動化しよう »

投資信託への投資で結果がでるには、それなりに時間がかかる

 投資信託への投資をはじめても最初はなかなか結果が出ません。平均点をねらうインデックス投資では、派手な値上がりがあまりないからです。

 ただ、なかなか結果が出なくても、あせってはいけません。期待リターンが年3~5%の投資信託は、大きな結果がでるまでに時間がかかるのが普通です。

  • 投資をはじめても最初はなかなか結果がでません
  • なかなか結果がでなくても、あせってはいけません
  • 投資信託は複利なので、大きな結果がでるまでには時間がかかります

投資をはじめても最初はなかなか結果が出ません

 投資を始めたのになかなか結果が出ない…と感じられるかたもおられるかもしれません。実際、平均点をねらうインデックス投資では、年20%というような派手な値上がりはあまりありません。このような「派手な値上がりをする」ことが少ないため、なかなか結果を感じられないのかもしれません。

 なかなか結果が出ないと、気持ちが折れてしまいます。気持ちが折れてしまうのは、毎月頑張って積み立てているからです。頑張って積み立てているのになかなか結果が出なければ、気持ちが折れてもしかたありません。

 ただ、なかなか結果がでなくても、あせってはいけません。


なかなか結果がでなくても、あせってはいけません

 なかなか結果がでなくても、あせってはいけません。結果をあせってしまうと、より多くの利益を求めて株式を入れすぎてしまったり、投資信託による運用をやめて違う運用を始めてしまったりします。株式を入れすぎるとその分リスクが上がり、暴落がおきたときに、あなたが耐えられない損失が出る可能性が高まります。また、違う運用を始めてしまえば、投資信託のような、安定した利益を上げられなくなるでしょう。

 あせってしまったときは、冷静に結果がでていないか確認してみましょう。冷静に結果を確認するには、今まで上がっている「1年あたりのリターンを計算する」のがおすすめです。1年あたりのリターンは、「(1+でている利益)^(1/運用年数)-1」で計算できます*1。例えば、20%の利益がでていて、運用年数が5年の場合を計算してみましょう。
(1+20%)^(1/5)-1=0.037137289
よって、1年あたり3.7%のリターンがでていたことがわかります。1年あたり3.7%のリターンがでていれば、まずまずではないでしょうか。

*1 「^」は、乗数の計算の記号です。計算例の(1+20%)^(1/5)は、「120%を1/5乗する」という計算をしています。

 投資信託による運用は、最初から大きな結果はでません。しかし、長く運用することによって、大きな結果が期待できます。


投資信託は複利なので、大きな結果がでるまでには時間がかかります

 投資信託は、複利運用なので、長く運用するほど大きな利益が期待できます。複利運用とは、運用で上がった利益を再投資して、その利益からさらに利益が上がる運用のことです。

 「長く運用するほど大きな利益が期待できる」を逆にいうと、短い運用では大きな利益は期待できないということです。投資信託は、年3%~5%程度のリターンしか期待できません。そのため、最初はほとんど利益が上がっていないように感じられます。しかし、年3%~5%というわずかな利益からは、翌年以降も利益が上がります。これが積み重なることで、10年を超えるころには非常に大きなリターンが得られるわけです。同じ年5%のリターンでも、運用資産が100万円のときは年5万円ですが、運用資産が5000万円に積み上がれば年250万円にもなります。

 投資信託による運用は、「最初の数年間は大きな利益は上がらない」のが普通です。目標達成まで何十年とかかるのが普通ですから、運用開始から数年で「利益が上がらない」と言ってあせる必要はありません。


つみたてNISA口座をはじめるなら、良質なインデックスファンドを数多く扱う―フィデリティ証券がおすすめです。
>>フィデリティ証券





「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://toshin.teiiyone.com/cat98/




Powered by
Movable Type 4.292