つみたてNISAで老後資金Top > つみたてNISAの基本 > 毎月の投資信託の注文を自動化しよう

« 投資信託への投資で結果がでるには、それなりに時間がかかる | メイン | 投資信託に投資した資金は、投資信託の運用に関わる会社のどれがつぶれても保護される »

毎月の投資信託の注文を自動化しよう

 投資資産を積み立てるには、毎月注文する必要があります。毎月の給料から、少しずつ積み立てるのが一般的だからです。

 ただ、毎月注文するのは結構面倒です。証券会社が用意する自動積立サービスを使って、自動で毎月積み立てられるようにしておきましょう。

  • 投資資産を積み立てるには、毎月注文する必要がある
  • 毎月注文するのは結構面倒
  • 証券会社の自動積立サービスを使って、自動で毎月積み立てる

投資資産を積み立てるには、毎月注文する必要がある

 投資信託を積み立てて資産を作るには、毎月注文しなければなりません。なぜなら、はじめに投資した額を運用するだけで目標額をためることは難しいからです。そのため、毎月の給料から少しずつ積み立てていく方法方が一般的です。

 投資信託の積立注文をするためには、毎月証券会社にログインし、複数の銘柄に購入注文をだします。

 ただ、この注文作業を、毎月するのは結構大変です。


毎月注文するのは結構面倒

 毎月投資信託の注文を出すためには、まず、決まった時期に注文するのを、忘れないようにしなければなりません。投資のことだけを考えているのであれば、購入注文を忘れることはないのかもしれません。ですが、あなたは投資のことだけを考えているわけにはいきません。仕事や遊びや育児など、やらなければいけないことがたくさんあるからです。

 また、投資額を、投資する銘柄ごとに配分しなければなりません。例えば、あなたの資産の組み合わせが、日本株式を5%・外国株式を45%・日本債券を50%という組み合わせであれば、それに合わせて毎月の積立額を配分しなければならないのです。

 このように、毎月の注文を自分でするのは大変ですから、証券会社が用意している自動積立サービスを利用しましょう。


証券会社の自動積立サービスを使って、自動で毎月積み立てる

 証券会社が用意している自動積立サービスは、購入する銘柄・購入する日をあらかじめ設定しておくことで、自動で投資信託を購入してくれます。自動積立サービスを使えば、指定の都市銀行・地方銀行・ネット銀行などの口座から直接引き落として、投資信託を購入することができます。

 この自動積立サービスの使い勝手は、証券会社ごとに異なります。特に、引き落としに対応する銀行は、選ぶ証券会社によって大きく異なるので注意してください。SBI証券は、都市銀行だけでなく、地方銀行にも幅広く対応しているため、給与口座からの引き落としにおすすめです。

>>SBI証券の引き落とし対応銀行

 また、購入する日をどの程度自由に選べるか、も証券会社ごとに異なります。最近は、SBI証券や楽天証券などで、毎日購入するということもできるようになりました。






「おすすめ投資信託」を解説した記事はこちら
>>http://toshin.teiiyone.com/cat98/




Powered by
Movable Type 4.292